桃色の憂鬱

文を書く練習

一流企業内定という分かりやすいラベルを追い求めたアホな就活生こと、俺

 

社会人やって2年が経ったので、今一度自身の就職活動を振り返っていく。

 

といっても本当に題目の通りだ。自分自身の就職活動を振り返ってみると、「内定先」という見えやすい価値を手にするために戦った日々だった。

 

始まりは2回目の4年の冬。早々に就活をしていた後輩が続々と外資系企業に内定を貰い始めた。

 

そんな中で周りが内定した企業の名前でマウントし合ってある様子を察知した俺はなんだかよく分からんけど「よく分かんねえ戦いに勝ってとにかくスゲェ会社に内定してモテまくりてぇ…」と思った。

 

「よく分かんねえけどゴールドマンサックスだな。金色の漢のサックス。なんかすげぇ強そう。」

 

発想が完全に深夜に爆音鳴らしながらバイクで走り回ってる偏差値13のハイパードキュンのそれだ。

 

そうと決まったら行動だけ早い俺は早速リクルートスーツを新調し、意気揚々とリクナビに登録したが、その直後、外資系企業のエントリー期間が全て終了していることを理解し、ゴールドマンサックスへの内定可能性が甘く見積もっても0%になったことを認識して1日を終えた。ここまで来るとハイパードキュンというかもうただのアホだ。

 

その後、業界問わずvokersに出てくるなんか凄そうな日系企業の説明会にひと通り足を運び、「よく分かんねえけど総合商社とか広告とかがモテるっぽい」というアホな中学生レベルの感想のみ抱き、「モテそう」「モデルと合コンしたい」「凄いと言われたい」というただそれだけの理由でこの2つを志望。ひたすらそれっぽい志望動機なるものをこねくり回していた。

 

そんな感じで、細かいことを無視し多少強引にまとめれば、私の就活とは仕事内容、社風、やりたいこと、なんて一切気に留めず、虚栄心と性欲だけで業界を決めた。ということになる。低俗な欲望の権化。己の強さを誇示するために胸をポンポン叩くゴリラと一緒だ。いや、それ以下だろう。

 

で、そんな争いに没頭して他者を出し抜きたい一心で行った就職活動を終えて今は社会人として過ごしているわけだけど、最近急速にそういうのがどうでもよくなった。

 

多分それは最近戦場が変わったなーって感じる場面が多々あるからだろう。それに伴い興味が薄れていったのだ。

 

例えば最近マウント争いの軸が「就活」から「社内評価」とか「プライベートの充実度」とかそういうものに変わっていってる気がする。しない?俺だけなのかな。

 

今こう書いててふと思ったんだけど、争いの場は状況や時期に応じて変わるけど、本質的な部分である「誰が人間として優位なのか」っていう命題は変わっていない気がする。

 

就活からもっと昔を振り返ってみても自分は毎日のようにそんな争いに明け暮れていたように感じる。

 

あるときはそれが「足の速さ」とか「面白さ」であれば「喧嘩の強さ」になって、「頭の良さ」になったり、そうかと思えば「恋愛経験」とか「セックスの経験」になったりした。

 

受験では「大学名」になり、就活では「内定先」になり、職場では「社内評価」になり、SNSでは「いいね」や「フォロワー数」になり…と言ったように挙げ続ければキリがない。

 

でも俺が社会と関わり続けていく以上、何かと戦い続けなくちゃいけないってことは確かみたいだ。

 

誰かが「生きてるだけで素敵だよ」みたいなことを言っていたけど、生きてるだけで何かしらと戦うことを強いられているわけだからやっぱりそりゃ生きるのは辛い。

 

話は変わるけど、最近そういう「争い」みたいなものを目の当たりにするたび「もう自分と周りを比較してどっちが優れてるかなんて競い合うのには懲り懲りだぜ」とかすこぶるカッコいいことを言うようになっている。

 

俺はもう妙なマウント争いには興味ないし、誰が優れてるかなんてどうでもいいし、他の人とか別にいい。自分の中での満足感(例えば、気の合う友人に囲まれて好きなことだけして、週一くらいで好きな女の子と出掛けて…みたいな)だけを追求して生きていきたい、とか思っている。これは本心だ。

 

思っているけど、俺のこういうスタンスこそマウントであり、結局「誰が優れてんのか」みたいな話から抜け出せていないということにふと気付いた。

 

「マウントなんてしない自分」は「マウントしてる奴ら」よりも上の次元にいるんだぞ、ということを必死にアピールしてるわけだ。優位を得るための発言、典型的なマウントだ。

 

冷静に考えて、マジでそう思ってるなら、誰にも言わなくていいし、周りの争いから静かに離れて、たとえバカにされたとしても意見など言わずに生きていけばいい。マウントになんか言及する必要はない。

 

優位に立ちたいという思いが根っこにあるからこそ「マウントわろたw」とか言って新たなスタンスを出してきたわけだ。普通にやって勝てないから新しいスタンスを持ち出して対抗しようとした哀れな自己矛盾マウンティングゴリラだ。

 

なんか途中から就活の話を一切していなければ、話が横道に逸れまくりもう自分でも何を言っているか分からなくなっているけど、要するに心の中ではいつでも煩悩と承認欲が嵐のように猛威を奮っており、それを人前では隠せるよう努めている。

 

でも、実際のところは、次から次へといとまなく現れては消えを繰り返すマウント争いの中で傷つき疲弊し、もがきながら今日も私は誰が設定したのかすら分からない得体の知れない基準に乗っかって毎日を過ごしている。そして、馬鹿の一つ覚えみたいに記号的な価値を追いかけ回しては短絡的な「承認」を求め、時間を消費している。

 

形を変えながらも本質は一切変わらず、抜け出したいと願いながらずっと同じことを繰り返している空虚で滑稽なピエロ。

 

本当は争いに勝つことではなく、争いの輪廻から解脱することしか抜け出す方法がないことに薄々気づいているものの、それでも自分が求めているのは解脱ではなく、勝つことによって承認されること。

 

それができりゃ苦労しねーよな。