稚拙

けっこう真面目です

久々の更新が面白くない記事でごめん!ね!!ッ!!!

日本も非常事態宣言が必要じゃないですか?という提案。 : ひろゆき@オープンSNS

これを見て思ったこと。

共謀罪適応でテロの数を減らすことが可能だから網を広げたほうがいい」なんて言うけど

 

まず第一に、通信傍受、現行射殺、令状なしの捜査(非常事態宣言)ができない日本の現状で減らせるテロの数なんて雀の目の涙ほどしかないし、その雀の目の涙のためにむやみやたらに警察の捜査権限を増長させるのはいかがなものか、と思うわけですよ。

 

この少しでも減らせるんだからどんどんやったほうがいい派の人ってなんていうか近視眼的、メリットとデメリットのトレードオフの感覚がないのか

例えば「インターネットの犯罪を減らすために、インターネットで実名の明記を義務付けましょう」といったような「実名を明記すること」によって生じる弊害を全く考えずに推進しているような、それに近い思慮の浅さを感じるんですよね。

 

そういう人は、一般人が犯罪犯したら一発逮捕なのに身内の公務員が犯罪犯しても逮捕されない(暴行とか性犯罪)みたいな裁量がまかり通ってるこの国の司法についてどう思ってるんでしょうか?

 

最近で言うと、教師が酔って生徒の家に行って生徒を殴るってこれ、普通に考えたら「住居侵入」で「暴行」の罪に値するのに、加害の教師は本来ならば即逮捕のはずが自宅待機で済んでいるし。他にもいろいろありますよね。

本来ならば、即逮捕される案件も警察官をはじめとして、

公務員の犯罪は基本的に懲戒免職で終わるように

 

人によっては有罪になるのに、人によっては起訴すらされないという、主観による法律適応の誤差がある(その大きな裁量権が警察や検察に与えられている)日本において、

「少しでも抑止になるから」という理由だけで警察権力が増強するほど日本の国家権力を信用しているんでしょうか?

 

現にホリエモンは90億円の粉飾決算で逮捕されたけど、1500億円粉飾した東芝だったり1100億円粉飾したオリンパスだったりっていう大大大企業の経営陣は全くのノータッチだし、粉飾決算自体も執行猶予か、課徴金命令がスタンダードなのに、ホリエモンに関していえば、いきなり懲役2年6ヶ月ですからね。

 

国民に嫌われていたら、権力者が気に入らなかったら、裁判官や警察検察の裁量で判例を限界突破させることができてしまう「法の下の平等」で警察権限を強化すれば、

上級国民(権力者や金持ち)が一般人を制圧する手段だけが増えていく結果にしかならないと僕は思うんですよね。

 

結果的に権力を持つ者の権力をさらに強化しているにすぎなくて、「一般に通信傍受してない」とか言ったって本当のところ、普通の国民がわかりっこないし、権限が強まった場合していたところで、止める手段がないからね。そういうルールだから、ルールメーカーが一番強いから。で片付けられる。

 

結局マニフェスト守ってる政治家があのトランプしかいないっていう皮肉な世界になってるわけだし、政治家は基本的に国民に嘘ついてもどうせうやむやにできるからいいやって思ってるだろうし、

それでも権力を強くした結果、「テロを限りなく抑えられる」っていうトレードオフが存在するならまだしも一考に値する価値があったかもしれないけど、

ネット上で膨大に溢れる犯罪予告の立証すらできない今の警察の権力を強めたところで本物のテロ(プロの犯行)だけだすり抜けて、一般人の軽犯罪で点数稼ぎをするいつもの警察の姿が容易に想像できるし、

 

それでも共謀罪を可決に持って行ったのは、「テロに対する抑止力」なんかじゃなくて「ただ単にほんと単純に理由はないけどなんとなく警察の(国家の)権力を増強したい」っていうのが目的になっているように感じるのは僕だけでしょうか?

 

現に国会では「テロを防ぐんだ」という大義を抱えていても、「じゃあどうやって準備と判断するか」という方法論を議論する上で「格好を見たらわかる」みたいな低レベルな話し合いしか進んでいないし、それでいて「通信傍受はしない」とか言ってるんですよ。たまげたな。

 

そうすると

・通信傍受することをすでに決めてるから(ゴールに定めてるから)、方法論について論じる必要がない

・テロを防ぐことよりも「共謀罪を成立させること」事態に意味があるから、方法論について論じる必要がない

の二択だと思うんですけど、どちらにせよ国民にメリットなくないですか?これ

 

www.rt.com

これは、オンラインの軍事ゲームのチャット機能に対する記事なんですが、チャット上の「◯◯を攻撃する」「爆破する」っていうワードが「協力プレイでゲームをクリアするため」の会話なのか「現実で協力プレイするため」の会話なのかを通信傍受してる状況下でもこのような繊細な捜査が求められている現状で、

日本の警察の捜査能力(インターネットを用いた事件に対する操作力)で具体的にこれを見極められる人いるんですか?

「テロリストは見た目でわかる」って言って「通信傍受はしません」つってナメた態度でどうやってテロを防ぐんですかと僕は言いたいんですよ。

というよりテロ防ぐ気ないでしょ。

結局、最近の日本ではヨーロッパのようなテロがまだ起きていないから、とりあえず海外の真似しておこう~みたいな形式的な法整備のような気がしてならないですね。

 

そして「共謀罪反対する人の意味が分からん。そんなにやばいことしてるの?」という

職質警官の「後ろめたいことがないならカバンの中見せられますよね」みたいな論調の人がいますけど

「真っ当に生きてたら」っていうけど、

YouTubeで違法アップされたテレビ番組を見たり、ちょっと前のフリーブックスの件もそうですが、厳密には違法ではないものの、かなりグレーなゾーンなのに

アップロードされる過程が違法だと全く知らずに見てる人が多くいるわけで

そんな人達が自分の一挙手一投足をすべて六法全書と照らし合わせて無罪だって自信持てる人なんかいるんですか?

 そういうところを警察の裁量権で犯しうる危険性を認識している人があまりいないように感じるのは、僕だけがただ無知だから騒いでいるというだけなんですかね?

 

通信を傍受するしないに関わらず(僕は絶対にすると思うけど)

財力や権力を持っている人が、気に入らない人を捕まえるための正当な手段を作っているだけにすぎないと感じているんですよね。

 

無実の人を共謀罪で捕まえたけど冤罪でした

これだと国民に叩かれる

じゃあ通信傍受して得た余罪引っ付けて

犯罪者であることに変わりないでしょと正当化しちゃえばいいじゃん!

 

みたいなことが平気で起こりうると思うんですよね。

重大犯罪(強盗、殺人、テロ等)にしか証拠能力を持たないと後づけしたとしても、

通信傍受した後には、それだけでは逮捕に振り切れなくても、礼状とって強引に捜査してきたりしつこく任意聴取迫ってきたりと言ったような、要は「転び公妨」のより正当性を増した上位互換が生まれるような気しかしないんですよ僕は。

 

で、それが「裁量権」によって「適応されない人もいる」という社会構造になるわけで

結局それが「適応される」いわば下級国民の力がどんどん失っていくだけの気がしてならない。底辺層がせっせと法律を守ろうとする風潮と権力構造だけが強固になっていく傍ら、上級国民がはなくそほじりながら法律のボーダーラインを反復横跳びしている未来しか見えないんですけどどうですか?

それを作るために、政治家が共謀罪反対する人の意味が分からん。そんなにやばいことしてるの?」とか「通信傍受しないのに反対するのは後ろめたいからだ!」なんて国民を煽ってるようにしか見えないんですけどどうですか?

結論として、何が言いたいかというと

 

「通信傍受をして」「テロ対策を講じる」ことそのものには賛成なのですが

 

「通信傍受をして」「テロ対策を講じる」

捜査能力が警察にあるのか?」ということと

「人によって」「有罪にも無罪にもなる」「今の権力構造に」

通信傍受の権限を与えていいの?」ということ

 

そして「権力の乱用に利用されないですか?

というより現時点でそれが起きているので

「権力の乱用を「より正当化された手段として」使われないですか?」

ということが言いたい。

 

「ちゃんとテロを防げて」「法の下の平等で人が公平に裁かれる」環境下でなら警察権限を強化していいんですが、

「ちゃんとテロを防げて」

法の下の平等で人が公平に裁かれる」

という前提が今現在この国では保証されてなくないですか?

ということが言いたい。

 

ので、皆さんはそこを無視できるほど警察及び国家を信用しているのか、もしくは僕が無知なだけなのかということをコメントでかいていただけるとありがたいです。

僕が無知であるならばその根拠も欲しいです。

 

結局、格差社会っていうのは経済的、金があるかないかという格差よりもこういう既得権益的な権力構造下でいかに登ってくる奴隷を叩き落とすかという昨今の動きの産物の気がしてならない。。。