稚拙

けっこう真面目です

好意

好かれて困ってんだよね、なんて言い草をしてる。俺はまあ付き合うならそれでも良いかな〜って思ってんだけど多分あっちは凄く俺のこと好きだと思うんだよね、でも正直元カノ(この言い方あまり好きじゃない)の方が可愛いっていうかあいつ微妙にタイプじゃないっていうか?いやそんなこと言っちゃいけないって分かってるけど的なね?

的な。

相手からの好意6に対して自分の好意3くらいなんだけど別に、とか語る癖に蓋を開けてみると自分から告白してみたり。みんな人に語るときは「まあ私も好きっちゃ好きだけどあいつの方が私のこと好きだよ」とか言う。相手からの好意6、私の好意3、1はなんかその他のいつも浮遊してて存在してんのかしてないのか分かんないようなそんな曖昧なものですとか。

なんで、皆さん、自分が思ってる以上に誰かに思われたいとか思うんだろう。

誰かに思われたいと思っている人々は、誰かに思われたいのでなく、「誰かに思われている」と思いたい人々にしか見えなくて、想像するだけで自己愛みたいなものにつぶされそうでなんかとてもくるしい。

ギュ〜〜〜〜〜〜〜〜。

だから僕くらいは、狂気じみててもその自分の好意ってやつにボロボロになる位の勢いで向き合ってみたいなって思ったけど限界でした、僕はそういえば承認欲求の強すぎる心の弱い人間でした。